サイトマップ お問い合わせ リンク
 
東京理科大学
長谷川 綾杏 2009年4月入社
Ayano Hasegawaru
 皆さん、こんにちは。

 今、皆さんは人生の岐路に立ち、自分はこの先どうなるのだろうと、不安な気持ちで一杯なのではないかと思います。私も就職活動の際は、たくさん悩みました。
 望星に勤めている今となっては、それで良かったのではないかと思っています。

 初め、病院と薬局で悩み、結局薬局を選択したのは、単純に多くの患者さんと触れ合って、患者さんの気持ちの分かる薬剤師になりたいと考えたからです。実際、今私が勤めている本局は、大学病院の門前というだけあり、患者さんも様々な方がいらっしゃいます。患者さんと触れ合うことで、人の価値観の違いについて考えさせられることも多く、勉強になります。

 また、この薬局は他薬局ではあまり扱われていない腹膜透析(CAPD)を扱っていたり、
 その他、在宅医療への従事・栄養士による栄養相談を行ったりと、その活動内容は多岐にわたり、私もその中の一員として働けることを、日々誇りに思っています。
 他支店では、もう少し規模の小さい所もありますが、それぞれに特徴があり、どこで働くことになっても、確実に多くのことを学べると思います。

 教育制度も充実しており、1年時には教育係の先生にテストを行ってもらうなど、自分では学ぶことに限界があっても、確実にそのフォローをしてもらえる制度があります。もちろん、薬剤師として自己研鑽に励むのは義務ですが、学べる環境があることは、より高みを目指す上で重要になってくるのではないかと思います。

 今はまだ、どうなりたいのか決まっていない人もいるかとは思います。
 不安も大きいはずですが、焦らず、沢山悩み、将来にあの時の選択は間違っていなかったと思えるよう、精一杯頑張って下さい。
サイトマップ お問い合わせ サイトのご利用について プライバシーポリシー