サイトマップ お問い合わせ リンク
 医薬品はその情報がなければ、その効力を最大限に発揮することはできません。望星薬局では医薬品情報室を組織し、医薬品に関する情報を収集、評価、整理、保管し、患者様に医薬品が有効かつ適正に使用されるように努めています。メーカーからの情報をスタッフに伝えたり、投薬口での情報をメーカーにフィードバックするなど、医薬品情報室は、薬局の医薬品情報管理の窓口となっています。また、イントラネット(社内ネットワーク)を利用し、他支店間との情報の共有化にも積極的に取り組んでいます。
 望星薬局では、総合処方監査システムへの医薬品情報の登録やメンテナンスを行い、医薬品データベースを更新していくことも大きな業務の一つです。医薬品の効能、副作用、用法・用量、他薬との飲み合わせなどの情報を登録し、コンピュータによる処方監査を可能にしています。必要な情報は製薬メーカーや厚生労働省、インターネット、文献集などから得ることができますが、薬剤師としての専門的な知識がなければ、その情報を評価することはできません。医薬品情報室は、迅速な情報の収集、評価、提供を心がけて日々研鑚に努めています。
サイトマップ お問い合わせ サイトのご利用について プライバシーポリシー