サイトマップ お問い合わせ リンク
【 咀嚼困難 】
 腎臓疾患では、「たんぱく質を制限」して「適正エネルギー」を確保する食事療法が行われます。
『 なぜ「低たんぱく・適正なエネルギー」なのでしょうか? 』
@ たんぱく質を控える理由
 体の中で不要になった「たんぱく質」は、『アミノ酸』という物質に分解されます。
 そして、この「アミノ酸」は肝臓で再利用されるか、腎臓で尿として体外に排泄されます。ところが、腎臓の機能が低下すると、この『不要となったアミノ酸』が体内にどんどん溜まってしまう状態になります。そのため、たんぱく質の摂取量を制限する必要があるのです。

A 適正なエネルギーを確保する理由
 人は体を動かすとエネルギーを消費します。このエネルギーは多くの場合「糖質」と「脂質」が原料になります。しかし、体内の「糖質」・「脂質」が足りなくなった場合には「たんぱく質」をエネルギーとして分解してしまいます。そうすると体内に『不要となったアミノ酸』が溜まってしまい、腎臓に負担をかけることになります。ですから、「適正なエネルギー」を確保することが大切になります。
『 食品の選択方法と調理上の工夫 』
@ 良質のたんぱく質食品を選ぶ
 体内で重要な働きをする良質たんぱく質を多く含む食品(獣鳥肉類、魚介類、卵、牛乳・乳製品、大豆・大豆製品)を選びましょう。主食(ご飯、パン、麺)の摂り過ぎは、体内では使いにくいたんぱく質を無駄に摂ってしまうことになります。

A 料理に使う糖質は甘くないものを
たんぱく質を含まず、エネルギーを確保できる食品の一つは「砂糖」です。ただし、毎食使用していると味にメリハリがなくなります。甘味はデザートやおやつから摂るとして、料理には糖質は芋や穀物など、甘みの少ない糖質の多い食品を使うと無理なく取り入れられるでしょう。

B デザート・おやつも食事です
 エネルギーの確保のためにデザートやおやつを上手に利用することは大切です。もちろんこれらの栄養価も計算に入るので、エネルギー補給源として忘れず食べるようにしましょう。

C 揚げ物ばかりを続けない
 たんぱく質を含まずエネルギーを確保できる食品である「油」。
 揚げ物は腹持ちはいいのですが、ずっと食べ続けると、胸焼けがするなどで食欲が減退してしまいます。マリネやマヨネーズ和えなどにして、油の使い方に変化を持たせましょう。味噌汁やスープの具を一度油で炒めたり、チャーハンやオムライスのご飯を油で炒める、など工夫してみましょう。

D 植物油にこだわる必要はありません
 オリーブ油やグレープシード油はコレステロールが少なく、良い油です。他に、バターやラードなどの動物脂の風味を生かした料理も取り入れてかまいません。ただし、バターの場合は塩分も含むので注意しましょう。

E 「良い食品・悪い食品」を分けない
 基本的には食べてはいけない食品はありません。これを食べれば良くなるという食品もありません。全体の量とバランスが大切です。

F 特殊治療用食品を利用する
 食品中のたんぱく質を調理法によって減らすことは不可能です。特別に低たんぱくに調整された低たんぱく食品を利用すると便利です。
 また、主食にたんぱく質をとれないため、甘味や脂っぽさを抜いてより多くエネルギーを得るためにも特別治療用食品を使うと食事に悩む負担を減らせるでしょう。
 レトルトの食品の他に、自宅まで届けてくれる冷凍のお弁当などの種類も豊富にあります。

〔例〕低たんぱくご飯、低たんぱくうどん、たんぱく調整おかず、高エネルギーゼリー、粉飴など
サイトマップ お問い合わせ サイトのご利用について プライバシーポリシー