サイトマップ お問い合わせ リンク
【 貧血 】
 貧血には原因が多くありますが、一般的には“鉄欠乏性貧血”が最も多くみられるタイプです。
鉄欠乏性貧血は、血液の重要な色素「ヘモグロビン」の材料「鉄」が不足して、ヘモグロビンが減少した状態を言います。
主に下記の症状がみられます。
 ・ 立ちくらみ、動悸、息切れ、耳鳴り、めまい、全身倦怠感
 ・ 舌炎、口角炎、胃炎、爪がスプーンのように曲がる、下肢浮腫
『 食事のポイント 』
@ 1日3食を規則正しく食べましょう
 欠食をすると必要な栄養素を十分に摂れず、少ない回数で1回にたくさん食べると鉄を吸収する大切な臓器の胃腸に負担をかけることになります。

A 鉄と良質たんぱく質を摂りましょう
 鉄はたんぱく質のグロブリンと結合してヘモグロビンを作ります。健康な赤血球を作るために良質なたんぱく質(肉・魚・大豆)を摂ることが必要です。

B ビタミン類やミネラル類を十分に摂りましょう
 造血作用のあるビタミンB12、B2、B6、葉酸と鉄の吸収を良くするビタミンCを多く含む食品を食べましょう。また、ミネラルのうち銅は、貯蔵鉄の動員作用(造血作用)があります。

<ビタミンB12と葉酸>
☆ レバー・牡蠣・卵黄・チーズ・くるみ・納豆・粉乳・ほうれん草
 ⇒赤血球が形成される時に必要です。

<ビタミンB2>
☆ レバー・うなぎ・卵黄・納豆・緑黄色野菜・胚芽米・にら・まいたけ・アーモンド
 ⇒赤血球が形成される時に必要です。

<ビタミンB6>
☆ 牛レバー・鶏肉・たこ・たら・まぐろ・いわし・モロヘイヤ・ブロッコリー・バナナ
 ⇒赤血球代謝に関与しています。

<ビタミンC>
☆ 赤ピーマン・菜の花・芽キャベツ・ブロッコリー・柿・キウイフルーツ
  ⇒三価鉄(体に吸収しにくい鉄)を吸収の良い二価鉄に変える働きがあります。

C 外食は単品より定食を食べましょう
 焼き魚、煮魚、筑前煮、焼き肉、麻婆豆腐、八宝菜、レバにら炒めなど、たんぱく質性食品や野菜が使われ、その使用材料がはっきりしているものを選びましょう。

D 加工食品の偏りに気を付けましょう
 インスタント食品には、トリポリリン酸塩が添加してあるものがあります。これは、消化器内で鉄と結合し、鉄の吸収を阻害してしまいます。
『 貧血の人が取りたい食品 』
@ 鉄分の多い食品
【 レバー・赤身肉・かつお・あさり・まぐろ(赤身)・厚揚げ・納豆・高野豆腐・大根葉・ひじき など 】
 鉄は血液中のヘモグロビンの主成分です。魚は血合いの部分に鉄分が多いです。たんぱく質、ビタミンCといっしょに摂ることで吸収率が高くなります。

A 銅分の多い食品
【 牛レバー・ほたるいか・納豆・豆腐・しめじ・カシューナッツ など 】
 銅はヘモグロビンを作る(造血作用)時に必要になる成分です。
『 貧血の人が控えたい食品 』
○  タンニンの多い飲み物
【 コーヒー・緑茶・紅茶 など 】
 タンニンはせっかく食品から摂った鉄の吸収を阻害してしまいます。食事と一緒や食後に飲むのは避け、できるだけ食後2時間以上経過してから飲むようにしましょう。
 ただし、お茶でも麦茶・そば茶・ほうじ茶はタンニンが少ないので問題ありません。
『 貧血の人が控えたい食品 』
 鉄・銅・ビタミン類に含むレバーは、貧血改善に効果的な食品です。しかし、レバーにはビタミンA(レチノール)を多く含まれており、このビタミンAを過剰に摂りすぎると、体内に蓄積され、胎児に障害(奇形)をもたらす危険性があります。
 レバー等のビタミンA(レチノール)を多く含む食品を偏って摂取せずに、バランスの良い食事を心掛けましょう。

 ただし、色の濃い野菜に多く含まれているプロビタミンA(β-カロテン)は必要に応じて体の中でビタミンAに変わるため過剰症の心配はありません。鉄の供給源にもなりますので、こちらは積極的に摂取しましょう。

<レチノールを多く含む食品 (単位はμg/100g)>
鶏レバー 14000
豚レバー 13000
牛レバー 1100
うなぎ蒲焼 1500
マーガリン 1800

<β-カロテンを多く含む食品 (単位はμg/100g)>

鶏シソ(葉) 11000
にんじん 9100
ほうれん草 4200
あしたば 5300
春菊 4500
サイトマップ お問い合わせ サイトのご利用について プライバシーポリシー